婦人

不動産売却では相場を知ることが重要なポイントになる

土地を借りる時の注意点

婦人

新法と旧法がある点に注意

建物の所有を目的として、他人名義の土地を借りる権利を借地権と呼びます。この借地権には貸借権や地上権、永小作権などいくつかの種類がありますが、普通は貸借権のことを指します。借地権を成立させるには、まず建物があることが条件となります。駐車場のように、建物でない場合は成立しません。その他にも賃貸借契約が地主と借り手の間にあること、そして地代を払っていることが条件となります。またこの借地権に関する法律には、平成4年に成立した新法と、それより前に適用されていた旧法があります。旧法は借り手保護の傾向が強かったのですが、新法ができるに当たり、それが一部改められました。このためどの時期に契約を結んだかによって、扱いが異なることがあります。

トラブルは法律事務所へ

このように旧法と新法があること、それから土地の権利所有者と、建物の名義人が異なることから、借地権にはトラブルが発生しやすい一面もあります。そのような場合は、当事者同士で解決しようとせずに、しかるべき所で相談するといいでしょう。相談を受けてくれるのは不動産会社、不動産鑑定士、そして法律事務所などがあります。この場合もし相続や売却などで、トラブルになりそうな時には、やはり法律事務所に相談するのがいいでしょう。不動産専門の弁護士がベストですが、司法書士にも相談することができます。不動産鑑定士の場合も、弁護士と組んで問題解決に当たってくれます。また不動産会社に依頼をする時は、借地権関連で実績のある会社を選ぶようにしましょう。